木岡産婦人科・きおか皮ふ科クリニック   
トップ  診療方針  スタッフ紹介
アクセスマップ/方法  お問い合わせ

産婦人科 診療内容

妊娠 | 生理不順 | 不妊症・産み分け | 更年期障害 | 骨粗鬆症 |  女性器感染症
避妊相談 | 子宮がん検診・卵巣がん検診 | 乳腺疾患、乳がん検診

● 子宮がん検診・卵巣がん検診

検診内容として、内診、細胞診、超音波検査を行っております。
(呉市委託の子宮頸がん検診は頸部の細胞診のみとなります。)


こんな症状があれば早めに病院へ
  • 子宮頸がん
    早期発見すればほぼ100%治癒できます。症状は初期はまったく自覚症状がありません。 20歳代でも早期発見のため1度検査することをお勧めします。30歳以降は1〜2年ごとに検診を受けられるのが良いでしょう。進行するにしたがって、月経時以外の不正出血とおりものの増加、下腹部痛などがあらわれます。特に、性交時に出血する場合は気を付けてください。月経の量が増えたり、長引いたりすることもあります。
  • 子宮体がん
    閉経後に不正出血を繰り返すときは要注意。子宮体がんはもともと欧米人に多く日本人は少なかったのですが、食生活の欧米化や少子化などライフスタイルの変化から最近増えてきました。初期の自覚症状はないのですが、進行するにしたがって不正出血がおこります。何のきっかけもなく、出血が続いたり止まったりを繰り返し、しだいに血液の量が増え、おりものも茶褐色に変わってきます。
  • 卵巣がん
    超音波検査で定期的に卵巣の大きさをチェックしましょう。初期には痛みも出血もなく、ほとんど無症状のまま経過します。進行してくると、急に下腹部がふくれたり、トイレが近い、腰が痛い、不正出血などの症状がでてきます。


 
木岡産婦人科・きおか皮ふ科クリニック 呉市焼山中央2丁目5−7 クリニックモール リフレ2F